FXで利益、スキルアップできるFX業者選びのポイントをおしえて

FXをやるにはFX業者で口座開設が必要

巷で話題のFX。主婦でも学生でも稼げるとあって、やってみたいという人が増えてきました。

FXの基本として、FXをやるには証券会社などの専門のFX業者で口座開設をする必要があります。
業者を通じて、初めてFX取引を開始することができるわけです。
今はいくつものFX業者があるので、どこで口座開設した方がいいのか分からないという声も聞きます。

そこで“今さらFXの事を恥ずかしくて聞けない!”という方に対して、FX業者の選び方から解説したいと思います。

 

やはり取引コストは気になるところ

FXの取引をする際、やはり気になるのは手数料の面です。
取引時にかかる売買手数料のことをスプレッドといいます。
例えば、米ドル円でスプレッドが0.5銭の場合、10万通貨(10万円)の取引で500円の手数料がかかるという意味です。
必ずかかる固定費ですから、自分が購入したい通貨のスプレッドが低いところを選ぶのがポイントといえます。
また、スプレッドには常に変動する変動スプレッドと、基本的に固定されている原則固定スプレッドがあります。
初心者は、固定スプレッドの方が安心感はあると思いますが、あくまで原則なので、もしかしたら変動するかもしれないリスクは覚悟しておく必要があります。

 

海外FX業者のメリット

実は、日本のFX業者では、原則1人1口座が基本です。
しかし、海外FX業者ならば、複数の口座を開設してもOKです。
ただし、保有するならば、すべてが稼働している状態でなければいけません。
しかし、複数の口座を持つことによって、中長期トレード用やスイングトレード用など、投資方法別に口座を保有でき、いろんな投資法を試すことができます。

 

何よりも大事なのは使い勝手

ただ、何よりも重視したいのは、サイトやアプリの使い勝手です。
感覚的な操作でできるようになってきているものの、サイトが分かりづらい、買い方が面倒だということもあります。
初心者には、誤操作をしないようなシンプルな操作ができるFX業者のサイトが向いています。
それでも、取引がよく分からない人の対策として、デモトレードで売買方法の練習をする方法があります。
デモトレード機能があるFX業者を選び、デモ画面を使って取引をします。
自分の資金を使わず、実際のトレード同様に体験できるので、機能サービスがあるFX業者を選んでおくのもポイントです。
また、何かあったときに、対応先がしっかりしている業者を選びましょう。
問い合わせに応じてくれるかどうか、電話がちゃんとつながるかどうか確認しておくと安心です。

 

〓サイト最新情報〓

チャートを正確に読めてるの?
FXでよく聞く約定力って?
短期トレードで利益確保
デイトレード初心者の方がFX業者を選ぶ3つのポイント
スイングトレードの基本